ARIA2020 会長挨拶

大会テーマ

ARIA2020 若きinterventionalist達の夜明け
-the Rise of Young Jedi Knights-

このたび、ARIA2020を令和2年11月19日(木)〜21日(土)の3日間、福岡市の電気ビル共創館および本館において、Alliance for Revolution and Interventional Cardiology Advancement(ARIA)2020を開催させていただくこととなりました。

令和初のARIAは、川井・塩出両会長の下、「ARIA Rhapsody -多様な力を結合する-」のテーマで開催され、おかげさまで1,900名を超える皆様に参加いただき、盛会のうちに幕を閉じました。
ARIAはこれまでも、次代を担う若きinterventionalistにフォーカスし、U40世代を中心としたセッションを企画して参りました。
さて令和2年のARIAのテーマですが、ずばり「若きinterventionalist達の夜明け-the Rise of Young Jedi Knights-」とさせて頂き、これからの我が国のinterventional cardiologyの中心となる若手術者を支援する想いを込めました。
ご承知の通り、昨年末に公開されたStar Warsシリーズ最終章(episode IX)のタイトルからのネーミングです。

Star Warsシリーズの第一作品(episode IV)は、1977年に公開され、爾来、42年をかけ全9作品で完結しました。
このように1977年は、Star Warsファンにとって特別な年と考えられますが、それは我々、interventional cardiologistにとっても同様です。
Dr. Gruentzigは、この年の9月16日、スイスのチューリッヒにて、世界初のカテーテルによる冠動脈形成術を成功させました。
また我が国では、遠藤章博士が ML-236Bと言う化合物の効果を論文化し、世界に発信したのも同じ1977年でした。
スタチン誕生の瞬間です。
今日、我々が虚血性心疾患と戦う二つの大きな武器 (force) を手に入れた年が、今回のARIA2020のテーマのモチーフであるStar Warsシリーズの始まりの年と言うのも素敵な偶然かもしれません。

ARIA2020は、多くの若きジェダイの騎士達に活躍の場を提供し、今後の我が国の循環器インターベンション領域の未来を語る会にしたいと考えています。
多くの若手の参戦をお待ちしております。またもちろんこれまで通り、若手を導くジェダイ・マスターの皆様のご参加もどうぞよろしくお願い申し上げます。

令和2年2月吉日

Alliance for Revolution and Interventional Cardiology Advancement
ARIA2020 会長

門田 一繁(Kazushige Kadota)
倉敷中央病院

坂本 知浩(Tomohiro Sakamoto)
済生会熊本病院

メニュー