ARIA2022 演題募集

ARIA2022では、プレゼンテーション能力の向上と、新しいアイデアと知見の共有のため、下記の通り演題募集を行います。
なお、発表者は参加登録費が無料となります。(不採用および演題取り下げの方についてはこの限りではありません。)

1. 応募資格
①メディカル

※ ➁Never want to see again complications 大賞のみ、演者は45歳以下の医師といたします。

2. 演題募集期間

2022年9月15日(木)〜10月17日(月)18時

3. 募集セッション
ARIA2022 智と技の二刀流Award

開催日時:11/20(日)【第1道場】9:00~10:30
募集内容:インターベンションに関する独創的な臨床研究と新しい手技・技術の提唱

企画の言葉:
ARIA 2022のテーマは、「Dual-sword interventionalist: Science and Arts~インターベンション二刀流:智と技~」です。インターベンションの近未来を担う若き世代には、智識も技術も二刀流で存分に磨いてほしいという願いを込めています。ARIA2022では、若手医師のインターベンションに関する独創的な臨床研究(智)とインターベンション領域での新しい手技や技術の開発(技)を奨励するため、智と技の二刀流Awardを設けました。オリジナリティに富む演題をAwardセッションとして公募します。最優秀演題受賞者はARIA2023のyear facultyとして招待いたします。多数のご応募お待ちしております。

Never want to see again complications 大賞

開催日時:11/20(日)【第1道場】10:35~12:05
募集内容:カテーテルインターベンション治療に関連して起こった重大な合併症とBailoutに関する演題

企画の言葉:
ARIAでは、未来の心血管インターベンション治療分野を担う若手術者の更なる技術修養を目標に掲げています。このセッションでは、カテーテルインターベンション治療に関連して起こった重大な合併症とBailoutに関する演題を募集します。合併症の振り返りと共有は医療安全の第一歩です。今後のインターベンション治療がより安全、確実に施行できるためのメッセージを含めて発表いただきたいと思います。発表演題の中から優秀演題を選んで表彰します。演者は45歳以下の若手医師とし、優秀演題の発表者は来年のARIAファカルティとして活躍していただきます。奮って応募ください!

③ACSの修羅場をどう切り抜ける?

開催日時:11/19(金)【第7道場】12:05~13:35
募集内容:ACSのPCI中に血圧が低下した症例

企画の言葉:
ACSへのPCIはエビデンスもあり、確率された治療法です。最近、40、50歳代の症例も多く、30代のACS症例もまれではありません。ACS症例において、救命とともに心筋ダメージを少しでも軽減するために日夜緊急対応にとりくんでいるのがインターベンショナリストです。ACSは通常の待機的なPCI以上に、PCI中に血行動態が不安定となることがあり、即座に原因を判断し、対応する必要があります。今回、PCI中やPCI後に血圧低下し、治療に難渋した症例を公募します。そのようなコンプレックスなACS症例を若手のインターベンショナリストで共有し、議論したいと思います。

④ARIA Imaging Award 2022〜Every Image Tells a Story〜

開催日時:11/20(日)【第5道場】12:05~13:35
募集内容:インパクトのある循環器領域の臨床画像

企画の言葉:
様々なイメージングモダリティにより、我々は多くの情報を得ることができます。
その画像が与えてくれるもの。何に見えますか? どのような経緯で? 診断は? 治療は?
そこには様々なストーリーがあります。1枚の画像から想像し、議論し、知識を共有しましょう!!
毎回議論(妄想?)が盛り上がるこの企画!!インパクトのある循環器領域の臨床画像を1枚、是非ご応募ください。
応募いただいた画像の中から、ARIA Imaging Award 2022として最優秀賞を決定いたします。
応募いただいた画像は当サイトに掲載いたします。

⑤CHIP Japan ARIA 2022 Session II:第4回CHIP大賞

開催日時:11/19(土)【第8道場】夕方
募集内容:CTO・石灰化・多枝病変などの複雑病変のみならず、ハイリスクな病態で治療ストラテジーに悩み工夫して挑んだCHIP症例

企画の言葉:
CTO・石灰化・多枝病変などの複雑病変のみならず、ハイリスクな病態で治療ストラテジーに悩み工夫して挑んだCHIP症例を、ぜひ発表・共有してください。
・低心機能・心不全・弁膜症合併・IMPELLA/ECMO
・脳血管疾患・悪性腫瘍合併
・チーム医療・他科とのコラボレーション
優秀演題には第4回CHIP大賞を授与致します。ご応募お待ちしております!

4. 発表形式

口演のみ(ZOOMでのご登壇になります)

5. 演題応募方法

1)演題応募については、オンライン受付をいたします。

2)入力項目

  • 応募のカテゴリー(1つ選択必須)
  • 筆頭演者の氏名(漢字、ふりがな)
  • 筆頭演者の所属機関
  • 筆頭演者の電子メールアドレス
  • 共同演者の氏名(漢字、ふりがな)
  • 共同演者の所属施設名
  • 演題名
  • 抄録本文(全角400文字以内)
  • 画像(任意。ただし、③ ARIA Imaging Award 2021〜Every Image Tells a Story〜は必須)
6. 演題の採否
  • 演題の採否および発表形式は会長およびプログラム委員会にご一任ください。
  • 演題の採否につきましては、11月上旬頃(予定)にご登録いただいたメールアドレスにお知らせいたします。
演題登録に関するお問い合わせ先

ARIA2021運営事務局:株式会社クレッシー
E-mail: abstract@aria2022.jp

メニュー